受験アスリートの大量出血

今年の夏は暑かった・・・・。うだるようだった。

 

私の職場も夏になるとクールビスが許されたが、私は思いっきりラフな格好をした。

もちろん、職場の外の人と会う時はきちんとした格好をしなければならない。失礼だからだ。

だが、そんな予定が入らない時は、できるだけ軽装。ユニクロで買ったペラペラのズボンと、一応襟のある薄手の半そでシャツで過ごした。

 

特に通勤時は通勤カバンを背中に背負い、880円で買った運動靴で歩いた。職場では100円ショップで買ったサンダルに履き替えたが。

そして、自由になる手にはいつも参考書を持ち、読みながら歩く。二宮金次郎勉強法を続けた。

 

歩きながら、又は電車で立ちながら勉強すると、頭が活性化する。

歩くという行為、勉強するという行為、前から来る人に気を付けるという行為を一度にやらなければならないからだ。

歩きスマホと変わらないため怒られてしまいそうだが、まあ、できるだけ人の少ない所を通ったり、勉強の内容を工夫することでうまくやっていた。

 

私は、こういう器用なやり方で勉強することで、自分自身を鍛えているという気になり、自己満足に浸っていた。

そうして、用があれば、少し遠くても、歩いて行った。食事でも、買い物でも。土日などは特にそう。

歩けば歩くほど万歩計の歩数が稼げるし、また勉強も進むからだ。

毎日、1万2千歩くらいは歩いた。これで健康にもなれる。勉強と運動の二刀流だっ!

・・・・私はそんな自分を「受検アスリート」と勝手に呼ぶことにした。

 

しかし、ある時、手痛いしっぺ返しを食らった。

ある日、図書館に行く途中のこと。私はいつものように数学のチャートをやりながら歩道を歩いていた。

ところが、目の前にあるポールが見えず、腹からまともにぶつかり、そのままもんどりうって転んだ。地面に鼻をまともに打ち付けた。

打った箇所が箇所だけに、気を失いそうになった。ドバっと血が出るのが分かった。

すぐには動けない。私はうつぶせになったまま動かないでいた。

 

すると、ほどなく人々駆け寄ってきた。「大丈夫か。」「救急車を呼ぼうか。」

ありがたかったが、その中に「なんでこんなよく前が見えるところで・・・・」という声が混ざっているのを聞き、「やべえっ」と思った。

 

なんでこんなおっさんが高校の参考書なんか見ていたんだ、と言われるのが嫌だった。恥ずかしかった。

私は私の身体の横に落ちたチャートをそうっと引き寄せ、私の腹の下に隠した。

「いやあ、ぼうっとして前を見ていなかったもんで。しばらく休めば大丈夫です。」

そう言って、人々が立ち去るのを待ち、ちょっと血を拭って、そのまま図書館に行った。

 

図書館に着くと、受付の女の人があっと大きな声を上げた。「大丈夫ですかあ。」

鏡を見ると、拭ったところから、再びどくどく出血してきていた。鼻血ではなく、鼻の上だった。

「さっきお客さんから、近くで倒れている人がいる。見に行った方がいいと言われたところでした。貴方のことだったんですね。」

そう言って、図書館の女の人は丁寧に応急処置をしてくれた。

私は照れ臭くなり、図書館で本を借りられぬまま、逃げるようにその場を立ち去ったというわけである。

 

その傷はいまだに消えておらず、鏡を見ると思い出す。

ああ、二宮金次郎の時代と違い、現代には障害が多い・・・・。

実感した勉強の2つの法則

私は、勉強をする上で、これまでの経験からその効果を実感した2つの法則がある。

まだ医学部にも司法試験にも合格していないので偉そうなことは言えない。だが現時点での私の実感である。

 

1つは、「継続は力なり」。

これは言葉のとおり、毎日やるのである。少しずつでもいい。毎日続ければいつの間にか大きな力になっている。

 

いったん決めた後、私は毎日、8科目の勉強を続けた。だいたい1科目30分、計4時間である。

時には仕事が遅くなり、勉強時間が足らなくなったこともあった。

しかし、そんな時でも毎日、少しでもいいからやることにした。

 

おそらく、一度でもやらない日ができてしまうと、次の日は2倍、しなければならなくなる。

それどころか、やらないでもいいんだという気持ちから、次の日からもずっとやらない可能性が出てくる。そして、目標達成ははるか先に遠のいてしまう。

逆に、一日15分でもやる習慣を続ければ、毎日、やらないと気持ちが悪くなってしまう。

そうなればしめたものである。

 

もう1つは、「自分を信じる」ということ。

今、おそらく、こうして二刀流で受験勉強をしていることを周りの皆に言えば、誰もが、考え直すよう口にするだろう。

医学部受験については特にそうだろう。

「そもそも医学部は高齢者はとらない。」

「医学部に入っても、物覚えが悪いから留年を繰り返し、医師国家試験にも通らない。」

「たとえ卒業しても勤める病院はない。」

「年寄りの医者だと患者が嫌がって寄り付かない。むしろ患者にとって迷惑だ。」

「医師として一人前になる前に衰えて、死んでしまう。何年もできない。」

 

・・・・どれもこれも、正論である。私が逆の立場だったとしたら、高齢での受験はきっと反対しただろう。

だが、基本的に、やるのは自分である。誰に迷惑をかけるわけではない。

(ただ、私がもし入学すれば、若い人の合格枠を1人分奪うことは確かだが。)

 

たとえ、合格しなくても悔いはない。他の人が趣味に費やす時間を、ちょっと勉強に充てただけだから。

(それに私は、趣味としての読書の時間は別途確保している。)

だからこそ、自分を信じて、突き進んでいきたいのだ。

万一合格したら、その先のことはその時に、改めて考えればいい。とにかくやらなきゃ受からない。

まっ無責任だが、自分を信じるとは、そういうことなのだろう。

記憶力の衰えをどう補うか?

記憶力の衰えを補うために、私が取った方法・・・・

確かに、前回のところを、次の日もう1度読んで復習するというのも1つのやり方だ。

だが、同じ内容を繰り返しても、真に理解が進まないかもしれぬ。

 

そして、ある方法を思いついた。

そうして私は、再びブックオフを回ることにした。

そこで、参考書を探したのだ。第2の参考書を。

 

そうして、いくつかの参考書を仕入れた。

法律については、TAC公務員講座の「憲法の講義生中継」、「民法の講義生中継」、「行政法の講義生中継」を買った。

刑法で「郷原豊茂の講義生中継」を使っていて、この「生中継」シリーズが一番わかりやすいと思ったからだ。

ただしこれらは司法試験用の参考書ではない。司法試験用の参考書は難しすぎて、というか厚みがありすぎ、いっぺんにやる気をなくしてしまう。

そうして、憲法民法行政法については、2冊の参考書を並行して勉強することにしたのだ。

当然ながら、進み方は遅くなる。1冊を読み終えるのに時間がかかりそうだ。だが仕方ない。

その代わり、1冊を読み終えたころには、もう1冊も読み終わっており、2冊分の知識がいっぺんにつく計算になる。

刑法は、今の郷原の参考書以上に分かりやすい本が見つからなかった。このため刑法はこの1冊だけで繰り返しやることにした。

 

一方、医学部受験についても追加で本をそろえた。

まず、地理については、「権田の実況中継」(系統地理編)(地誌編)を買った。

どうもこの「実況中継」シリーズは私にあっているようだ。内容は少ないが、その場で教わっているような気持ちになれる。

それから、化学も、理論編をやっている現段階ではよいが、そのうち無機や有機になると、覚えられなくて停滞することが確実に予想された。

このため、「センター試験の化学が面白いほどとれる本」を買った。やたらと分厚い本だが、理論、無機、有機が全部入っているのでちょうどいい。

まあ、物理の漆原と、数学のチャートは、今のままでいいだろう。

 

今回、ブックオフでかかったお金は、その他のものも含め、2,000円ほどだった。

まだ今のところ、医学部受験と司法試験を合わせて費用は1万5,000円くらいしかかかっていない。(寺本の4冊分は楽天で割引で買ったがほぼ定価だったためカネがかかった。)

 

そうして、私は新たな参考書を加えて、勉強を続けることにしたのだ。

やっぱり老化には抗えないか・・・・

とにかく、法律や地理という、私にとっての新しい科目が全然覚えられなかった。

やっている時はある程度、理解したつもりなのである。

だが、翌日になると、前の日に覚えたことをころりと忘れているのである。

自分はどこまでやったのかさえも思い出さない。

ラインマーカーを引いた跡が残っているからまだしも、それがなければ同じところをやり直しかねない。

アルツハイマーか・・・・

 

第一周目はざあっと読むだけでいい。次のクールでもう少しじっくり読み、理解を上げていこう。私は当初、そう考えていた。

だが、これだと、全部読み切ったとしても、やってないのと同じ。脳みそはつるつるてんだ。全く意味がなくなってしまう・・・・。

 

若かった頃を思い出した。記憶力のよかった十代の頃を。

一回読んだ内容は、ほとんど覚えることができた。社会など教科書を丸暗記できていた。

頭がすっきりしていて、習ったことはスポンジのように吸収できた。

 

だが、今はどうか。全く覚えられない。すぐ頭がヒートアップするか、ぼうっとしてしまう。

やはり、老化には抗えない。老人は圧倒的に不利なのだ・・・・。

私は年を取っても、心と頭だけは若いつもりでいた。だがそれは幻想にすぎなかった。

 

しかし・・・・そういえば、司法試験対策の無料入門講座で吉野勲先生が言っていた。

「何回も司法試験に失敗している人に共通の特徴がある。それは、その時習っていることは理解しても、少し前に習ったことを忘れていることだ。皆、覚えた端から忘れていくものだ。だから、必ず半分は復習にあてろ。」

 

そうか。そうなんだ。

私だけではないのだ。人間というのは忘れる生き物なのだ。

そして、知識が増えれば増えるほど、前に学んだこととの関係でごちゃごちゃになり、混乱して、何もかも分からなくなってしまうのだ。

だからこそ、ちゃんと復習しなければならない・・・・。

 

私は考えた。よし、方針を変えよう。

そして、私が取った方法は・・・・。

 

頭が確実に悪くなった!

そうして、今年4月から、私はひたすら、勉強した。

仕事もあるが、その合間を縫うようにして。

とにかく、毎日8科目、少しずつでも、意地でもやり通そうと思った。

 

勉強は、新鮮だった。

医学部受験に関して言えば、約35年ぶりの勉強である。懐かしい。

そして、どの科目も、初めの方は導入で、簡単なもの、基本的なものから入っている。

 

たとえば数学は、因数分解とか。ほどなく思い出した。

aの3条+bの3条+cの3条−3abc=(a+b+c)(aの2条+bの2条+cの2条-ab-bc-ca)・・・・

化学も、理論から勉強し始めたが、苦労して物質名等を覚える必要がないため、楽だった。

物理も、力学から始めたが、一から改めて理論を勉強したため、まあまあ分かった。

ただ地理は、系統地理からやり始めたものの、ほとんど覚えられなかった。気候や土壌のところでつまずいた。

村瀬の参考書がわかりやすく、網羅的でもあることは分かっていても。

 

一方、司法試験は、新鮮だと思えたのは最初の数日。すぐにつまずいた。

自分は法律については、実は何も知らなかったことがよく分かった。

大昔、国の試験を受けた時は、一切、法律の勉強はしなかった。しかしそれでも何とか受かった。

じゃあ行政で、実際に法律の知識を使うかというと・・・・

そりゃ、担当している業務の関係の法令を十分知っておくのはマストだ。

だが、その法令についてはやたら詳しくなっても、それだけである。

 

私は法令の改正にも携わったことがある。

ただ、それは条文をああでもない、こうでもないとひねくり回しただけだった。

いろいろなところへ根回しをしたり、答弁を考えたりと、現実の世界に気を配っていた。

これらを改めて学ぶと、なかなか理解ができないのである。

本当は、実際に法律に接して業務を行っていたのだから、すうっと入ってこなければならないはずなのだろうが。

やはり、法律は堅苦しくて苦手なのである。そんな人が司法試験を目指すのも変ではあるが。

 

こうして、地理や法律でつまずいたことを改めて考えると、いずれも私にとって全く新しい分野だということだ。

つまり、初めてのことが吸収できないのである。

一度やったことがあること、慣れ親しんでいることだけは対応できるが、全くやっていないことは対応できないのだ。

こりゃ、老化の最たるものだ。

いつのまにか、私の頭は、固く固くなっていた。確実に頭は悪くなっていたのである。

とっぽん事件

実は私には水泳に関し、トラウマがある。以下は汚い話になるので失礼!

 

あれはまだ私が幼稚園に行っていた頃のこと。私は家に帰った後、1つ上の男の子と遊びに出かけた。

田舎に住んでいたので、周りは田んぼや畑ばかりだった。そこで2人で遊んでいたが、ふとその子が言った。

「お前、これを飛び越えられるか。」と、ある場所を指したのだ。

 

それは幅1メートルくらいの小さな池のように見えた。なんでこんなところに池があるのかなと私は不思議に思った。

しかし、その子が軽々とその池を跳び越えるのを見て、私にもきっとできるに違いないと思った。

そして跳ぼうとしたときだ。私は踏み切る位置を失敗した。

「バチャ〜アアア〜」

私は見事にその池のようなところに落ちてしまった。

 

それまで池のように見えていたものが何だったのか、私はまざまざと悟った。

それは・・・・野壺、またの名を肥溜め、つまり排泄物を溜めていたところだったのだ。(私たちは子供の頃これを「とっぽん」と呼んでいた。)

昔の畑ではこうした天然肥料が一般に使われ、それが一か所に溜められていたのだ。

私の顔の前に突然、ウンチの山が出現した。しかもその肥溜めは深く、私の足は底に届かない。

 

「たっ、助けてぇ〜。」私は足をばたつかせつつ、叫んだ。私と一緒にいたその子がきっと私を助けてくれるだろうと思って。

ところが・・・・その子はな、なんと、その場から走って逃げていってしまったのだ。おそらく恐くなったのだろう。

私には信じられなかった。

 

私は足をばたつかせ、手をかきながら何とか前に進んで肥溜めの縁に手をかけようとした。

ところが・・・・いくらかいてもかいても、たどりつかない。まるで悪魔に行く手を阻まれているようだった。

私はもう必死だ。その前には道路が通っていて、車が行きかっていた。

私は声を限りに、助けてぇ、助けてぇと、叫び続けた。口に押し寄せようとするウンチを払いのけながら。

きっとその声は車の中にも届いていたに違いなかった。

ところが・・・・どの車も停まってはくれない。私をあざ笑うかのように、スピードを上げて走り去っていく。

しかも、何人か、自転車に乗った人たちも通った。しかし、私の方を一瞬見ては嫌な顔をして通り過ぎていった。

 

・・・・私は世の中の大人たちがどんなに無情なものであるかを、大いに悟った。

もう私のばたつきも限界に達していた。次第に体力が失われていく中で、ああ、自分は死んでしまうのだなあと、ぼんやりと思った。

ばたつくのをやめれば、その途端に口や鼻にウンチが流れ込んでくるに違いない。絶対に嫌だ。でも仕方なかった。

私は、短い人生だったなあと、子供ながらに思った。そして、父や母のことも頭をかすめた。そうして、ばたつきをやめ、あきらめようとした。

その時だった。

 

私は突然、ぐいっと、強い力で引き上げられた。

「お前、大丈夫か?」

それは、男の人だった。私を助けてくれたのだ。その男の人の腕も、ウンチまみれになっていた。

「ここらへんは肥溜めが多いから、気を付けにゃあおえんぞ。」

そう言うや、その人は悠然と去っていった。私にはその人が神様のように見えた。

・・・・私はこうして九死に一生を得たのだった。

 

その後、私が臭気をまき散らせながら帰ると、家にいた祖母はひどく驚いた。

そして私は川に連れて行かれ、そこで全身をごしごしと洗われた。ただその臭いはその後何日も取れなかったとか。

私の両親はその後、私の命の恩人であるその人を探し回った。新聞にも投稿した。しかしついにその人は見つからなかった。

もしまだその人が生きていれば、どんなに感謝してもしきれない。それが叶わないならば、せめて他の人にその恩を返すしかないと思っている。

 

その後、私はプールで顔をつけるのが怖くなり、なかなか水泳が上達しなかった。

中学校の時の水泳のテストでも、決して頭をつけない平泳ぎと横泳ぎで50メートルを泳ぎ、皆に馬鹿にされつつも唖然とされた。

(先日、テレビ「世界の果てまでイッテQ!」で出川達郎が得体のしれない泳ぎで泳ぎ切るのを見たが、あれとよく似ている。)

 

肥溜めに落ちたのは嫌な思い出だが、昔からそのような人は幸運に恵まれるとの言い伝えがあるそうだ。

すなわち「ウンがつく」と。

まっ、お金持ちにはならなかったが、この年まで大きな病気もせず、無事に生きてこれたのは、そのせいかもしれない。

今年の司法試験合格者発表に思う

昨日の新聞に、司法試験の合格者が1525人で今までで最少だったという記事が掲載されていた。

以下、ちょっと数値の話になる。説明が分かりにくかったら申し訳ない。

 

受験者の総数は5,238人なので、合格者が1,525人ということは、合格率は30%弱。

こりゃ、合格率は高い。ちょっと勉強すれば誰でも通るぞ、と思う人も多いかもしれない。

 

しかし、この数は、法科大学院を修了して受験して合格した人(第1ルート)と、法科大学院に行く代わりにまず予備試験に合格し、今回この本試験を受けて合格した人(第2ルート)を足し合わせたものである。

第1ルートの合格率は25%、第2ルートの合格率は78%になっている。

つまり、第2ルートでは、予備試験に合格しさえすれば、本試験である司法試験にはほとんどの人は受かるということである。

 

しかし、第2ルートの道は厳しい。第一関門としての予備試験の合格率はやたら低いのである。

予備試験には毎年1万人余りが受験し、合格者は約400人。つまり合格率は4%程度、25人に1人という厳しい試験なのだ。

だからこそ、その厳しい予備試験を通った人たちは、さらにその後1年間勉強することで、本試験も余裕を持って合格することができるということなのだ。

今年も、第2ルートすなわち予備試験経由での合格者数はわずか356人。相変わらず狭き門である。

 

法科大学院経由の人たちはいきなり司法試験が受けられ、合格率は25%。けっこういい確率だ。うらやましい。

かつての司法試験に比べたら、ずいぶん簡単だ。裏口入学だっ!(冗談です。)

 

だからこそ、よくネットの質問コーナーには、本当に通りたいなら、お金や時間を惜しまず、まず法科大学院へ行け、それがだめなら、せめて予備校へ行け、と勧めるのだろう。

まあ、わざわざ法科大学院で3年かけて学ぶからには、それくらいの成果がないと割に合わないとは思うが。

 

しかし、私はこれを、塾にも予備校にも行かず、しかも教材はブックオフで買いそろえて勉強しようというのである。

・・・・通るわけがない。

まっ、しかし、私としては、このような劣悪環境で、勉強時間も最小限で受かる、という実績を作りたいのだ。

だって、それが挑戦だから。世の中のカネや時間のない人々に夢や希望を与えたい・・・・。

世の中の人は、それを「無謀」と呼ぶが・・・・。

 

ちなみに今年の最年長合格者は68歳。これならまだ私も大丈夫だ。

一方、最年少は慶応大法学部の1年生の男の子。「合格は社会に貢献するためのスタートだと感じている。」

・・・・ああ、自分が恥ずかしい。こんな若い人でも社会貢献を第1にしているのに、私ときたら、自分のためだけに努力している・・・・

 

だが、思い直した。

まず、自分がやりたいことをやる。それが大前提。そしてそれが同時に、必ず他人や、社会のためにも役立つようにする。

それでなければ、何でも長続きしない。これが私の経験から得た大原則だ。